国内株式投資とCFDを比較

- CFD取引における「国内株式投資とCFDを比較」についてCFD投資のメリットを覚えましょう。

CFD比較
CFD@比較:TOPページ > 国内株式投資とCFDを比較
国内株式投資をCFD取引する

最近注目を集めている金融商品の一つであるCFD取引ですが、このCFD取引は他の金融商品と比較してみると、どのような違いやメリットがあるのでしょうか?このページでは、CFD取引と株取引の違いを説明します。CFDは証拠金取引の一種で株式なども投資対象となるCFD取引ですが、一般に行なわれている株取引との違いは具体的にどのようなものなのでしょうか?

CFDは証拠金取引の一種で株式なども投資対象となるCFD取引ですが、一般に行なわれている株取引との違いは具体的にどのようなものなのでしょうか?以下の表で通常の株式投資とCFDを比較してみましょう。
▼CFDで日本の個別株へ投資する場合

CFD 国内個別株
取引形態 店頭取引 取引所取引
最低取引単位 1株単位 1〜1,000株単位
※銘柄によりけり
取引時間 ほぼ24時間 9:00〜11:00、
12:30〜15:00
取扱銘柄 約300種類(主に日経平均採用銘柄) 各証券取引所の上場企業4,000銘柄近く
レバレッジ 約20倍
【現物株式】
無し
【信用取引】
約3倍
配当 買い:支払う
売り:受取る
【現物株式】
有り
【信用取引】
買い:受取る
売り:支払う
株主優待 無し
【現物株式】
有り
【信用取引】
無し
取引手数料 取引金額の0.05〜0.15%程度
【現物株式】
0〜3,150円程度
【信用取引】
0〜3,150円程度
貸株料 無し
【現物株式】
無し
【信用取引】
年率0〜2%ぐらい
税金 総合課税
税率:15〜50%
申告分離課税
税率:20%

株式CFDのメリットは資産を有効活用できる

株式CFDは資金効率の良さに注目!
CFD取引では、実際に株式や債券の現物を購入するのではなく、証拠金を会社に預けて、それを担保にして取引する金融商品です。レバレッジを利用することで、取引額が大きく手の出せなかった株にも少額で投資できる可能性が高くなるのです。信用取引なら3倍程度のレバレッジをCFDなら約20倍程度まで欠けることができます。ここが通常の株取引との大きな違いの一つで、いままでの現物取引の株式投資銘柄を証拠金で取引できる新しい仕組みです。証拠金取引とは、一定の金額を“証拠金”として預け入れ、その預け入れた証拠金よりも大きな金額で売買が可能になる取引のことです。この証拠金取引を利用して、少ない資産をより有効に活用することができます。

CFDは短期売買用に口座を用意するのが賢明!
株式CFDは、株を買った際に発生するオーバーナイト金利の支払いが発生するので、買って長期保有するよりも短期トレードが適しているでしょう。売った場合は若干ですが金利をもらえます。【参考:売ると金利がもらえる!?
高くレバレッジをかけたい方も短期売買の方がリスク管理しやすいと思います。

CFDは「カラ売り」が自由自在!
このCFD取引は“買い”だけでなく先に“売り”からも取引を始めることができます。よって株価の下降局面で利益を出すことも可能となります。カラ売りをするために特別な手続きもありません。また、信用取引で株式を売る場合は、貸株料や逆日歩のコストが発生する可能性がありますがCFDはそういった心配はありません。

取扱い銘柄数最多レベル! とにかく簡単で楽しいCFD! あらゆる金融取引を網羅!
IG証券

IG証券のCFDは快適取引!取扱銘柄数が最多で人気!!IG証券CFD

DMM.com証券

とにかく簡単でシンプルに取引を楽しめるDMM.com証券は初心者に大人気!!DMM CFD

GMOクリック証券

FXで年間取引高1位のGMOクリック証券のCF!あらゆる金融取引に対応!GMOクリック証券

Copyright © CFD@比較. All Rights Reserved.